社労士の年収はどれぐらい?

難しい国家資格を取得すると、会社で資格手当が支給されたり、独立することも夢じゃなくなるため、さぞかし高収入になると期待されている方も多いようですが、もちろん収入差はピンきりになるため、高収入の方もいれば低収入の方もいらっしゃるようです。
最近では500万円前後を平均値としていましたが、平成22年度の平均年収が760万円と高収入になったかと思いきや、翌年の平成23年度はいきなり平均額が466万円と500万円台を下回る収入となってしまいました。
あくまでも平均収入になるため、当然ながら年収は500万円も満たないという社労士もいれば、毎年のように1000万円台で稼いでいるといった方もいらっしゃるようです。もちろん、資格を持っていない方よりは、当然ながら資格をもっているほうが収入は上がっているため、資格をとることによってマイナスになるといったことはありません。
社会保険労務士の需要というのは、今後もなくなることはないので、ある一定の需要は変わらず続くと思われます。しかし、狭き門であることにはかわりありませんので、資格をとったからといって、必ず社会保険労務士として活躍できるかどうかは分からないでしょう。
資格を活かして独立を考えている方は、他の資格と合わせて実務経験を積んでから、独立を考えたほうが現実的かもしれません。最近は特に社会保険労務士と行政書士、司法書士といったさまざまな資格をお持ちの方が独立をし、いろんなジャンルのお仕事を引き受けている傾向が強いようです。また、さまざまな資格と実務経験を積んでいることが、取引先への信頼にもつながることも言うまでもありません。

1件のコメント


  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Comments are closed.