社労士として仕事をするには

社会保険労務士の資格自体はその国家試験を受け、合格することで国家資格を得ることができます。ですが、すぐにその職種で仕事をするといったことはできません。その肩書を持って就職したり、独立開業を行うことはできないのです。それらを可能にするには全国社会保険労務士会連合会に社会保険労務士として登録する必要があるのです。それには条件があって資格取得後すぐには登録はできません。
登録の条件として2年以上の実務が必要となるからです。この実務を経験するには一般的な企業や社会保険労務士事務所で労働保険や社会保険の手続きを行えば良いわけです。もちろん、そのためにはそういった部署に配置されたり、学生であれば就職をしなければならないことになります。当然ですが、それが証明されなければなります。また、実務を行わなくてもこの実務の代わりとなる研修も用意されています。事務指定講習を修了すれば同等の経験とみなされ、登録が可能となります。他にも細かいことはありますが、大きなポイントとして覚えておくと良いでしょう。
こうして登録が行われれば晴れて社労士として仕事をすることができます。その主bなしごと内容としては、実務で挙げた内容がまさにそれですが、労働保険や社会保険の手続きをすることです。これが中心といっても良いかもしれません。他には帳簿書類の作成があります。企業内の部署でなく、独立している状態であれば、企業に対してのコンサルティングも行うことになります。各種保険関連の書類の作成の代行等も行います。