社労士の求人について

資格を持っていると就職に有利とされている社会保険労務士の資格は、とても難しい資格としても知られています。しかし、難しい資格であるからこそ、取得しておくと就職にも有利になると考えられており、資格取得へチャレンジする方も多いようです。
しかし、現実には社労士の資格を持っているからといって、就職に有利になるかというとそんなこともありません。社会保険労務士の仕事が必要とされる業務や職種の場合、重宝される資格になりますが、それ以外では何の役にも立たないといったことになります。
一般的に社会保険労務士の資格は、企業でも人事や労務に必要不可欠となる資格と言われていますが、それほど需要の多い職種ではありません。また、社会保険労務士事務所での求人も応募数は限られているため、資格をとったからといって、すぐに就職できるものではないというのが現状のようです。
(企業社労士についてもっと知りたい方はこちらのサイトを参照「社労士の資格で就職!? 企業内社労士の心得」)

もちろん、資格を有した場合、独立も夢ではなくなりますが、昨今の日本の社会情勢を考えた場合、独立したからといって、すぐに仕事が次々と舞い込んでくるといったこともなく、やはり実務経験を積むことによって、人脈を作った上で独立といった形でないと厳しいのが現状と言えるでしょう。
社会保険労務士の資格は特殊な資格になるため、当然応募している数にも限りが出てきます。それらを踏まえた上で、資格取得を試みるか、それとももう少し就活に有利になる資格を取得するか考えてから、勉強を始めたほうが良いかもしれません。いくら資格を有しているからといっても、営業や技術職などの場合、宝の持ちぐされになってしまう可能性が高いため、自分が将来的にどんな仕事につきたいか考えた上でトライしてみるり良いでしょう。
(社労士の仕事全般を広く解説しているサイトならこちらを参照「社会保険労務士の仕事を知ろう」)